同人誌の印刷は信頼できるところで頼もう

漫画でも小説でも自費出版はお金がかかる

現在漫画や小説を描いている人は、たいてい同人誌の印刷を依頼するか、コピー本を出したことがあります。昔から文学の世界では同人の形で作品を発表するのはよくあることでしたから、今はそれがゲームなどを題材にした漫画だったり、小説だったりしてメジャーになったわけです。コミックマーケットなど大きな即売会では、実に多くのサークルがそれぞれ用意した商品を売っており、それを求めて集まる人は何十万人にも及びます。自費出版は漫画にせよ小説にせよお金がかかりますが、それを上回る収益が見込めるほど、同人の業界は奥が深いところです。学生からサラリーマン、プロの漫画家や小説家も即売会で売る作品を書きつづけ、そこで毎回のように新しい作品を売っています。

オフセット印刷はきれいなほうが良い

一言に同人誌といっても、印刷のやり方でおおまかに2つ分けられます。すなわち、自分でコピー機などを使い、コピーするコピー本と、プロの業者に発注してしっかりと表紙のついた本として注文するタイプのオフセットと呼ばれる方法です。後者の場合は業者に製本を依頼しているので、本屋に並ぶ本と同じくらい質の高い物が出来上がります。値段的にはオフセット本はかなり高く、500円より安い物は珍しいです。大手サークルなどかなり薄い本が1000円くらいの価格で売られているケースもあり、価格設定は各サークルや作者がこれで良いと決めた額になっています。名前の売れた作家が書くコピー本なども、相当な額がつけられていますが、ファンはこれを買うのが普通で、それを疑問視する人はむしろいません。

コピー本でも元がしっかりしていれば売れる

内容的には二次創作の形が多い同人誌ですが、オフセットの形で印刷を頼んだ物はとてもきれいで、作りもしっかりしています。これはプロの業者が作るので当然と言えば当然です。最近はコピー機の機能も向上したことがあり、昔よりはるかにきれいなコピー本が作られるようになりました。コピーとはいえ、内容的に元がしっかりしていれば売れるのが同人の世界です。何人もの有名作家を抱える有名サークルの本などは、オフセット、コピーの区別なくコミックマーケットの中でもかなり知名度が高く、高値で売られています。オフセット本を作る場合、どのサークルも専門業者に製本を頼むわけですがたいてい何度もお世話になっている業者に依頼します。それは、一度利用してここなら信頼できると確かな手ごたえを感じているからです。

ピックアップ記事一覧